オンラインスペイン語

Ecomスペイン語ネットというサービスを自社で展開してる。logo_sp

 

 

これを使って2012年8月からスペイン語の学習を始めた。

通常業務優先のため忙しく、始めた時は週1回のペースであったが、生徒様には、「上達している方は、質の高いレッスンを、最低週2,3回は受けられていますよ」と伝えている手前、自分も実践しなくてはと思い、特別な仕事がない限り、現在、週2,3のペースを保って授業を受けてきている。

スペイン語を学習する理由

そもそもスペイン語を学習しようと思ったきっかけは、自分が”経済”に関心が強いため、あまり大きな声で先生に言えないが、今、世界経済の中で、現地スペインで起きている状況をもっと知りたいし、実際にスペインに行ってユーロ導入による弊害がどのようなものかを見てみたかった。というのが1点。

 

もう1点は、いつか南米大陸をきままに一人旅して、そのエリアの文化、経済、マーケットを体感したかったというのがある。

もちろんそれにはブラジルも含まれていて、ポルトガル語は、スペイン語をマスターしてから学習するのが、同じ言語圏ということで効率的だと考えて、まずスペイン語を学び始めた。

 

基本的に私は、旅行に行く計画をたてると、必ずその国の言葉を勉強をしようとする。

今回も、いつか行くつもりの、まだ見ぬ南米、スペインの様子を考えながら、日々のスペイ語レッスンを受けている。

ここまで約半年学習してきて、思うのは、言葉はやはり言語種別の違いで、マスターの速度・難易度も全然違うなぁということ。日本語とスペイン語は全く違う。

逆に英語とスペイン語はかなり近い方、もちろん、フランス語やイタリア語、さらにはポルトガル語などはもっと近いのだけれど、今回自分が英語の素地がしっかりあるので、スペイン語の学習がある程度しやすいと感じた。現在、

  • Preterito Imperfect(-aba, -ia, -ia)
  • Preterito Indefinido(-e, -i, -i)
  • Preterito imperfect de estar + gerundio(estar+ -and, endo, iendo),
  • Preterito indefinido del verbo estar + gerundio(estuve + -ando, -iendo, -iendo)
  • Preterito perfecto presente de haver + participio perfecto(he + -ado, -ido, -ido)

などを学習しているのだけれど、英語の文法項目と様子がある程度似ているので助けになっている。

もちろん、暗記が必要なIrregularesの動詞が数多くあり頭が痛いが、これをマスターしていけば、将来、フランス語、ポルトガル語にも助けになると思うと、まぁいいかなと思って学習できる。

(*英語では、Preterito Imperfectの概念は基本的にあまりなく、スペイン語特有という話しを今日先生から聞いたので、英語文法と切り替えなくてはいけないところもある)。

先生は、スペイン人とコロンビア人の先生とのW受講

ちにみに、先生は、コロンビア人の人をメインに、スペインの人をサブティーチャーで受けているので、Latin EspanolとEspanol Espanolの両方の言葉および文化が分かって楽しい。

現地の様子とかも、授業の合間にスペイン語で教えてくれて、なんとなくイメージで理解していっている。これまでゲームをやったり、歌をやったり、教科書から脱線しつつも、楽しくスペイン語を学んでいる。素直にレベルの高いうちの先生達に感謝したい。

実際自分自身が受けていて、とってもお勧めでき(と言っても自画自賛ですが)、興味ある人是非、当校のオンラインスペイン語レッスンを受けてみてください。

私は全く0からでも日本語、英語一切使わない授業を希望していますが、日本語、または英語で教えてくれといったら、各言語で文法など説明してくれます。

ちなみに学習教材は、Espanol2000です。私はLevel1の19課をやっています。学習している方、一緒にスペイン語の勉強がんばりましょう!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です