WEBで行くか、ネイティブで行くか

IMG_0541先日、Googleのカンファレンス「Atmosphere Tokyo2013」に参加してきました。

”Work The Way You Live.”

をテーマにして、Googleの技術的側面から、今後の方向性などを色々提示して頂きました。

とても簡単にまとめると、

「これからは、Mobile firstどころか、Mobile onlyだ!

という発言が基調講演で出るほど、Google Androidを中心としたモバイル重視の流れを強く推していました。

Ecomオンライン英会話モバイル
Ecomオンライン英会話サービス、モバイル版レッスン風景

今までPCとWEBでやってきたものも、モバイルとネイティブに移り変わる時代になってきており(当然、モバイルとWEBで、という流れもあると思いますが)、正直、今後、うちの開発中のアプリも、WEBかネイティブどちらでいくかで大変方向性を迷っているところがあります。

本来、うちの語学学習アプリは、そのサービスの特性上、
WEBで行くのが当然と思っていたのが、パズドラの大ヒットなどから、ネイティブがデフォルトのような流れになってきています。

もうネイティブでなければ、アプリにあらずといった勢いです。

かと思うと、DMMさんが、”艦隊これくしょん”という素晴らしいWEBアプリを出されてヒットしています。

当然、質の高い、人気の出るアプリを作ればよいのでしょう。ただその人気となる要素にも、構築環境は、結構重要な要素になっていると思うので、悩ましいところでもあります。

一般的に言われるのが、今は性能の観点から、通常ネイティブで行くのがよい、しかし今後HTML5などが改良されて、3,4年後にはWEBでネイティブのできることが全てできてしまう、
という意見もありますが、その時になったら、ネイティブも同様に進化しているでしょうし。。。

”困ったときは利用者に戻る”

という金言に従えば、利用者の多くがPCで受講しているので、やはり、当校の学習ゲームは、まだWEBベースでやった方がよいのかなという気がします。しかし、当校ユーザーではない、潜在ユーザーは、モバイルがどんどん増えているように思えます。
システムは長期的視点でみて作って行かなくてはならないので、いつもシステム開発前の選定は悩ましいところでもあります。

慎重に、けれどスピード感をもって取り組んでいきたいと思います。

IMG_0543
カンファレンスのランチの時においしく頂きました。グーグルのり弁当。Google様ありがとうございます。