ケインズとハイエク


YouTubeで見つけた素敵な動画。

ケインズ、ハイエク共にノーベル賞を受賞した偉大な経済学者であるがそれぞれの主張、性格は大きく異なっていた。

それを上手く対比させラップでまとめた楽しい経済学動画である。

 

私の拙い知識からだと、

ケインズ=政府主導の財政政策、規制を重視した形。
ハイエク=反政府。市場の自由な力に任せよう。de-regulation(規制緩和)派と認識。

最適な理論はケインズVsハイエク?ではなく、

自分は市況に応じて使い分ければよいと思います。

 

すなわち、

デフレの時はケインズ経済学のように、政府主導の財政政策や規制で国内の需要を守ってあげる。

逆に、インフレの時はハイエクのような、新自由主義で政府があまり介在しない。

 

というやり方。

 

物事は多くが0か1かではなく、状況に応じて打つ手や最適な理論が異なってくる形が多い。

自分自身の経営スタイルも外部環境に応じた柔軟なものを心がけていきたい。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です