よいものを作れば、結果は自然に後からついてくるわけではない

TIE外語学院という英語学校が倒産(閉校(破産?))したニュースを耳にしました。

TIEは、think in Englishというダイレクトメソッドを理念に掲げた学校で、学校長の西崎先生の本は私も読んだり、Youtubeにある動画は目にしていました。

Ecomも大きな枠組では、同様の理念で、英語、中国語、フランス語、ドイツ語などの複数言語の語学学校を運営しています。

 

語学習得に有効なダイレクトメソッドとは?

TIEやEcomが提唱するダイレクトメソッドは、簡単にいうと、

英語は英語のままで覚える、理解する

という考えです。

フィリピン留学旅行バッグ

 

例えば、上の絵を見て、

普通日本語脳の人だと

(絵を見る)→「旅行用バッグ」→「Luggage」

英語脳だと

(絵を見る)→「Luggage」

と自然に出てくる。またはシチュエーションごとに対話フレーズを日本語に直さずに、そのまま英語で理解していく。いわゆるダイレクトメソッドになります。

 

よいものを作れば、結果は自然に後からついてくるわけではない

私は、TIE学校には全く面識もなく、学校を訪問したこともないのですが、その発信する内容から、日本にある数少ない、大変優れた英語教育を提供する学校だと認識していただけに、今回の倒産ニュースは大変残念でした。

それ以外に、以前MPIというこれも大変すぐれた子供向け英語学校も、最近、大手英会話学校に売却されています。

 

こうしたことから言えることは、

よいものを作れば、結果は自然に後からついてくるわけではない

ということ。

 

Ecomでも、生徒さまから年に1度アンケートをとっていますが、有難いことに、ほとんど全てが大変満足の評価です。

中には、

他の色々な学校を受けましたが、御社がのサービスは群を抜いています。こうした噂はすぐに広まると思いますよ。

という評価も頂いたりして、大変うれしく思っていましたが、よい評価というのは、なかなか自然発生的には広まらないということを痛感しています。(Ecomは、広告を毛嫌いしてほとんど宣伝に力を入れておりません)。

 

今の消費者ニーズに沿ったものか、消費者ニーズ喚起型でいくか?それが問題だ。

 

逆に

「聞き流すだけ」であったり、

「1レッスン○○円、安いよ!」というサービスが、効果のほどはさておき、人気を集めていたりします。

 

よいもの=英語を最短距離で上達させる というのですが、

一般の大多数の人はダイエットと同じで、

やった気にさせる=よいもの

になっているからだと思います。

 

消費者のニーズを再優先にすると、英語教育の本質価値の向上はいらないのかもしれません。

数を多くとるのなら

「やった気にさせる英語学習」

が最もうまいやり方なのかもしれません。

ただ、Ecomはもう少し本質的な語学学習の質の向上を進み、かつ宣伝も軽視しないで行ってみるつもりです。

ただもしそれでダメなら、99%の英語学校がそうであるような消費者迎合型(やった気になる)サービスも、少しは取り入れる頭の柔軟性を持とうかと思います。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です