格安フィリピンスカイプ英会話がもたらす負の側面

格安フィリピンスカイプ英会話がもたらす負の側面

それは、

フィリピン人=安売りイメージ

です。

当校Ecomオンライン英会話学校は、世界中に講師の門戸を広げているため、先生になりたいと各国のフィリピン人からの応募がたくさん来ます。

そして、以前採用して入ってもらったこともありますが、お客様から支持を得ることができませんでした。

理由としては、フィリピン人講師なら、もっと安く受けられるところが多いのだから、わざわざEcomで高い値段を払ってまで受けたくはない。

フィリピン人講師ならもっと安くならないの?という意見からです。

 

当校では、日本でもフィリピンでも、アメリカ国籍でも、フィリピン国籍でも、日本にいても、フィリピンにいても、国籍、居住地問わず、皆一律同じ成果報酬を支払っています。

しかし、利用者の立場から見ると、あまり大きな声で言われませんが、フィリピン講師=安い というイメージが既に根強くついてしまっています。

これが例えば、インドとか東欧とかタイの講師なら、別にそれほど「安い」イメージにはならないと思います。

 

フィリピンリゾート留学これもひとえに、フィリピン人を使った格安スカイプ英会話の隆盛が原因となっているのだと思います。

確かに、格安スカイプ英会話は、英語のできるフィリピン人にコールセンター以外の雇用を生み出しました。

しかし一方で、物価の高い国に住むフィリピン人社会においては、コールセンター時代にはなかった、

フィリピン=格安でcheapなイメージを創りだしてしまったといえます。

(もちろん、それ以前から、ナニーや出稼ぎ労働で安いイメージはあったかもしれませんので、より強くなったという感じです。まぁ、フィリピン現地の物価は確かにイメージの通り格安なので、格安でもよいのですが・・・。日本などで、他の国より一段安く扱われるのはかわいそうかなと。。)

 

フィリピンスカイプ英会話の学校は、「フィリピンに貢献する!」を社是に掲げているところが多いです。

雇用を生み出すのはとても素晴らしいのですが、格安だけでない売り方も考えると、フィリピン社会にイメージ上もっと貢献できると思います。

また、多様性あるサービスという点から、日本社会にも貢献できます。

 

p.s: 下記は、当校Ecomオンライン英会話学校に、今月7月より参加したHana講師です。

日本とフィリピンのハーフでフィリピンに住んでいますが、国籍は日本なので、厳密にはフィリピン在住の日本人講師になります。

彼女が実力者揃いのEcom講師陣の中で独自性を発揮して、人気になってくれるとうれしいですね。

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です