半年で12キロ痩せたダイエット法   Recently updated !


経営者ブログなので、あまり経営と関係ない話はPostしないように意識していますが、社長が健康な会社は、魅力があるのでは、という考えから投稿してみました。

 

身長171cmの私の今の体重。

私が行った方法は、簡単に言うと、糖質制限ダイエットが中心です。

 

方法論

1.タンパク質中心の食事にし、糖質(炭水化物)を抑える

糖質制限ダイエットの基本ですね。

肉や魚、卵、チーズ、野菜をメインにして、ご飯やパンを控える。

刃牙世界の人間のごとく、朝や昼からステーキや卵数個をモニュモニュ食べる感じです。

野獣モード全開です!(笑)

 

2.朝と昼はきちんと食べ、夜は少な目

1の高タンパク質、低炭水化物の基本を抑えつつ、朝食、昼食は、あまり気にせず食べる。

1日1食、1日2食という方法もあるようですが、特にそこまでしなくていいかなという感じです。(自分の場合、朝、昼の1日2食だけというのは簡単かなとは思いますが。)

重要なのは、食べることを過度に恐れないことです。

いつも食べているのもよくないですが、お腹がどうしてもすいたら、チーズやみそ汁を食べています。

 

3.白砂糖断ち

糖質制限というと、果物も制限という人もいるかもしれないですが、果物は自由に食べます。

糖分の多いブドウや桃、スイカなども気兼ねなく食べます。

代わりに、白砂糖類を取らないように心がけます。

『Pure white and deadly』という有名な本にもあるように、白砂糖の怖さは、覚せい剤に例えられます。

栄養が全くないうえ、覚せい剤並みの依存症があり、老化を進行させる。

白砂糖を口にしない戦略は、今回私のダイエット法の肝となる部分です。

・白砂糖を取らないため、食後のデザートは基本選択しない。

・コーヒーなどに砂糖は入れない。

・シロップ類や、菓子パン、お菓子は食べない。

・大好きだったアイスもなし

開始して始めの10日は砂糖なしの禁断症状に悩まされましたが、10日くらいを過ぎると、砂糖の依存症が取れたせいか、砂糖なしの生活が普通になってきました。

*どうしても砂糖なしが耐えられない時は、甘酒を飲むといいですよ。ご飯の糖質ですが、砂糖よりは健康的です。

**白砂糖断ちをすると、味覚が敏感になり、辛いもの、甘いもの、しょっぱいものを、あまり取らなくなる、よい副次効果もあります。

当たり前ですが、虫歯予防にも効果的です。

菓子パンやアイス、お菓子の買い食いに使っていたお金も節約できます。

その額1日1000円だったとして1か月で3万円。その3万円で、おいしい肉を食べることが可能です。

4.厳格にやり過ぎない。長期戦で。

1-3と大層な事を述べてきましたが、厳格にやりすぎるのは、自分の性格にあっていないので、続けることを目標に長期戦で、気楽にやっていきました。

例えば、

・お寿司屋で、ネタだけ食べて、シャリを残すようなことはせず、普通に食べます。

定食屋でご飯がついていれば食べます。敢えてお代わりや大盛りにはしないだけです。

・外食で、頼んだものにデザートがついていれば、出されたものとして普通に頂きますが、デザートのないものが選べれば、それを選ぶようにする感じです。

・さすがにコンビニで、アイスや菓子パンを買うことは一切なかったですが、暑い日に疲れたら甘酒で涼を取り、糖分補給をします。

・外食すれば、白砂糖が入った料理、例えば日本料理のみりんなど、たくさんあると思いますが、そこまで厳しく調べて制限することはせず、明らかな白砂糖類を制限しました。

 

5.その他細かいマイルール

・揚げ物は控える。Exとんかつ、フライドポテトなど

・ハンバーグなどの加工品やソーセージより、ステーキ肉を選択。

・ステーキは、ヒレなど赤身肉を選ぶ

・調理より生重視。Ex:野菜など

・精製されたものより生実のもの。Ex:白米より玄米、白パンより黒パン。

・ベジタブルファースト。なるべく野菜から食べる。

・早食いせず、よく噛んで食べる

・養命酒を愛飲

・発酵食品を意識してとる。Ex:納豆、ヨーグルト、甘酒、味噌、など

・酸っぱいものも忘れない。Ex:もずく酢、グレープフルーツなど

・お酒は、飲み過ぎなければ、特に意識せず。ただし夜は控える。

・質の良い睡眠を心がける。

 

6.日々の運動で筋肉をつける

これはその人のタイプによって違うので、必須ではないですが、筋肉をきれいにつければ、太りにくい(リバウンドしにくい)身体になります。

私の場合バレエ(ダンス)をやっています。

ダイエット開始時期は、仕事が忙しくて週1,2日くらいしか、できていなかったですが、ここ3か月くらいは、週6で練習に参加し、一気にたるんだ身体に、筋肉がつけれたと感じています。

フットサルでも、ウォーキングでもなんでもいいので、筋肉をつけることは重要だと思います。

 

最後に

正直言うと、特にダイエット=体重を落とそう、と思って取り組んだのではなく、健康でいることが経営者としての責務だと感じたから始めた次第です。

持久力や、疲れからのリカバリー、集中力向上などが主だったため、カロリーを計算して記録するなどは一切していません。

体重もたまたまこれくらいになったという感じです。

私は、身長が171なので、BMIで計算してみると、

54キロから73キロの間が標準体重となるので、体重はこの数値の間であればいいかなくらいに思っています。

(BMI値:18.5 – 25が標準のため)

もちろん、自分は男性なので、女性よりも筋肉があり、痩せやすいからかもしれないですが、女性であっても、この方法を使うことで、半年で最低6キロ、リバウンドなしで痩せられると思っています。

糖質制限ダイエットに疑問を持っている方は、3番に紹介した、白砂糖制限だけでもするのをお薦めします。

日本では、塩分の取りすぎはよく医療で注意喚起されますが、砂糖の取りすぎは、お菓子会社などに配慮してか、まったくと言い程言われていません。

白砂糖を取らないように心がけるだけで、仕事の集中力が増し、目の痛みや疲労も減りました。

是非、参考に始めてみて下さいね。

 


About 成田 勝行

株式会社イーコミュニケーション代表取締役社長 慶應義塾大学総合政策学部(SFC)卒業後、外資系コンサルティング会社(Accenture)入社。退社後、暫くダンス活動(Ballet, Jazz, Hiphop, House, Break'in)に専念。専門はクラシック・バレエ。2005年イーコミュニケーション創業し、現在に至る。踊れて、経済が語れる経営者という領域で世界一を密かに目指す。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です