なぜかベトナム語を勉強しています。

オンライン語学学校の経営者として、自社のオンラインレッスンシステムを利用して、いろいろな言語を学習してきましたが、

最近は、ベトナム語を勉強しています。

講師は、ベトナムにいる当校ベテラン、Thao講師。

日越をオンラインでつないで、毎週1時間、マンツーマンでみてもらっています。

 

こんな話をしたら大学時代の友人から、君がやる言語って、なんか社会主義国のものを網羅していない?とからかわれてしまいました。

 

ただ、改めて、自分が勉強してきた言語をみてみると、

言語2018年7月現在のレベル感
英語英検1級
中国語昔は英語以上に話せたが、10年も使っていないので、今は中級くらい?。
ロシア語大学の第2外国語で習い始め、ゆっくり勉強中
スペイン語2017年にいったメキシコでは、少し不自由ながらもスペイン語で行動できたレベル。
ハングル2016年初めていった韓国で、ハングルでたどたどしくも会話していけたレベル。
ベトナム語学習中。初級。

英語は別にして、

中国、ロシア、ベトナムは社会主義国。

スペイン語は、無理やり中米の社会主義国、キューバとつなげ、ハングルは北朝鮮とつなげられないこともないです。

 

確かに、第2外国語に、フランス語や、ドイツ語、イタリア語といったメジャー言語でなく、ロシア語、ベトナム語とかは、学習言語選択の渋さがでているなぁと自分でも思っています。

 

Why ベトナム語?

 

ただ、なぜ今、あえて、ベトナム語を学習始めたかというと、

純粋に、ベトナムが好きで、既に2回行っていて、リゾート地として、今後も行きたい。だから、ベトナムへの敬意を評して、ベトナム語くらいある程度話せるようにしておきたい、

と思ったからです。

また、自動翻訳が進んでも、ベトナム語のようなマイナー言語は、対応が進まないだろうから、自分で勉強しておこう、という考えもあります。

 

 

ベトナム語について

ベトナム語は、週1、1時間を3ヶ月ほど続けただけなので、まだまだ初級レベルです。

ベトナム語は、意味不明な文字列ではなく、アルファベットをベースにしたものなので、ある程度とりかかりやすいです。

文法も難しくないですが、敬語のように、立場や年齢から、言い方が変わるのがやっかいなのと、発音がとてもむずかしいです。

よく中国語が4つの声調(声のトーン)があり、大変だといいますが、

ベトナム語の場合、6つあります。

さらには、中国語の声調と記号が一緒でも、声の高低トーンが違ったりするので、

自分がわかる中国語と混ざらないように、ベトナム語モードで、発音を暗記することが重要です。

 

長くなるので、解説は省略しますが、

『音から覚え、文章をそのまま暗記してしまう!』

というのが、どの言語でも共通していえる必勝法的学習法だと言えます。

 

ベトナム語は、特に旅行で使える程度でよいと思っているので、週1、1時間のオンラインマンツーマンレッスンを1年程度続けて行きたいと思っています。

パクチーたっぷりベトナムPho
ベトナム証券取引所からオペラハウスを望む。
着ぐるみの中の人が、傍で一服していました(笑)。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “なぜかベトナム語を勉強しています。”