人生100年超え時代の働き方

最近、高齢者のニュースをよく見るし、耳にします。

・高齢者の運転する車が、小学生の列につっこんだ。

・公共の場所で騒ぐ

・老害と呼ばれる、モラルのない行為をしている

・老後は、夫婦で、2000万は最低必要

などなど。

 

確かに、私自身、道路で、うわっと思う、高齢者の運転マナーを目にしたり、

駅で、待合室で、レストランで、老害と思える行為を何度も目にして、

言いにくいですが、正直、残念な気持ちになることが多いです(汗・・・)。

ただ、感想だけで終わらせるのは意味がないので、そこから私なりの学びをメモしていきたいと思います。

 

・現役年齢増え、人生は長期戦に

 

日本人の平均寿命は2019年現在、84歳とのこと。

これは年々上昇しており、麻生財務大臣(元総理)がインタビューで、

自分が若い頃は人生50年だったと言っていたので、高度医療の発展などで、飛躍的に人生の長さが伸びているといえます。

元Google創立者の1人、セルゲイ・ブリンは、おそらく我々の世代は、500年寿命も否定できないと言っていました。

(検索するとでてきます。)

さすがに500歳は、オーバーかもしれませんし、

寿命=健康寿命ではないので、簡単に言えませんが、

現在の65歳定年より、もっと伸びて、現役仕事年齢も最低75歳となっていると思います。

我々経営者に至っては、脳も身体も元気で、100歳までバリバリ社長やる人もでてくると思います。

単純に、

生産能力(生産性)×投入時間 = 会社の発展

なので、経営者として健康で、仕事を続けられるのは、ものすごいアドバンテージだと言えます。

経営とは、長距離マラソンのようなもの。経営者の健康管理

前に記事にも書いたように、長距離マラソンのように、日々の健康に気を使いながら、着々と人生の目標に向かって、会社をうまく発展させていきたいと思っています。

目指せ、100歳まで現役企業家(起業家)!

・自分自身、嫌な老人にならないために

 

高齢者の方と接していて、中には、

にこにこして、あたりが柔らかい、

かつ、エネルギッシュな、魅力的な方も、中にはいたりします。

「あぁ、いいお年のとり方だなぁ」と。

しかし、100人中98人くらい、

言ってしまうと、ほとんどの高齢者の方がそうですが、

特に男性の場合、

無表情で、いつも、むすっとしているように見えるため、

自分もちょっと怖い、近寄りがたいと思ってしまうのです。

 

ですので、私自身、

時々お見かけする、魅力的な高齢者の方をお手本に、

自分も、常日頃、無表情より、にこにこっとした感じを、身につけていきたいなと思っています。

それと、よく女性が男性に使う、さしすせそ論法の習得もいいなと思っています。

さ:さすが!

し:知らなかった

す:すごい!

せ:センスありますね!

そ:そうなんだー。

 

これらを、年下の人に、面と向かって言うのが、恥ずかしいようなら、

心の中ででも、常に、

さしすせその法則を、

心がけて、接していきたいなと思います。

実際、テクノロジーを活用している企業で、若者に魅力を与えられないと、会社としての成長が滞るので、IT企業経営者の、若年層理解は、健康管理と並んで、必須だと思います。

・理想としたいシニアのモデル経営者

  • ハイディ日高、神田正会長
    いつも温和で笑顔を絶やさないことで知られる神田会長に、経営者としてなぜ怒らないでいられるのか?がよく記事になる。
  • ココイチ創業者、宗次徳二会長
    社交的な妻とは対照的に、引退するまで友人を1人も作らず、3、4時間の睡眠時間で、仕事に専念したという
  • 麻生太郎
    政治家ですが、笑顔が眩しいシニアといえば、この方ですね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です